アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
楽亦在其中2
ブログ紹介
疏食を飯い水を飲み、肘を曲げて之を枕とす。
楽しみ亦其の中に在り。
不義にして富み且つ尊きは、我に於て浮雲の如し
zoom RSS

鳥の声

2017/06/23 13:01
5年ばかり鶯が鳴かないと思っていたら・・なんだ?・・聞こえなかった?
・・のか??補聴器つけてから毎日鳴いてる・・

鶯はもうこの近所からは居なくなったのだ・・と思っていただけに・・
何だか不思議だ。
虫の声もしている・・まだ秋の虫にしては早いよね・
                       ・・何だろう??

普通だと・・・5月になると鶯の声が聞こえる・・・
ごくあたりまえの事が、頭の中では消えてしまっている・・そして・・
  ・もう居ないんだ・・と勝手に決めている・・自分に初めて気づいた。

    鶯でよかったが、これが何かの合図だったらと思うと、ぞっとする。

私は小鳥や虫が大好きだ。目白、文鳥、カナリヤ、インコ。
インコは言葉を覚えさせるため、生まれてすぐの雛を籠にいれ、持ち歩いたものだ。
   
  父親が庭で目白に水浴びさせていた、
     子供の頃の思い出は鮮明に浮かんでくる。
               すると・・これも親の影響かな?







記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


o面白いコメント

2017/06/13 19:19
コメント・・・     https://www.youtube.com/watch?v=Ic9CW8Nux1M
  昔のヴログ見ていたら面白いコメントを見つけた。

  ・・・とんびにゆで卵を・・・

宗像近くの海岸でお弁当を食べる事にした。

海を見渡す松林の真ん中にシートを広げようとしたが、もっと海に近づきたくてギリギリの所に腰掛ける事にした。
足元はテトラパットで波が来ないようにしてある。30センチばかりのコンクリートに腰掛けて見たが、危なっかしいので、砂に生えている芝生にまで腰をずらし安定した状態でお弁当を広げた。

一羽のとんびが空を待っている黒い影が海に写っている・・・・

「とんびに油揚さらわれないように・・」等と冗談言いながら、コンビニで買ってきた、ぐにゃぐにゃの弁当箱を
しっか持ち直した。グニャグニャなので力が入らない・・・
この手の弁当にはゆで卵の半切りが色添えの役目も果たしているのに、何と丸いまま1個はいっていた。
珍しいなと思いながら、横のおにぎりをつまんだ・・トタン・゜・(ノД`)・゜・

とんびに卵をさらわれた・・・
その素早いこと!!アット言う間もない・・音もしない・・姿も見ないまま、、
並んでお弁当を食べている友の肩越しに私の膝に乗っている弁当箱の中から卵を取って行ったのである。

こっちは落とした弁当ばかり見ていたのでとんびは見ないままである。
近くの松の木の上で食べたのだろう・・・
残りのおにぎりを置いて帰ったが・・食べにきたかな?

ネットで調べたら 「海岸等は狙われやすい」 と書いてあった。  面白い経験だった。こへはってみよう。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


補聴器その後

2017/06/09 15:12
 補聴器つけて一と月あまりになる。
いつもつけているが、何の違和感もない。
耳の遠い方、皆さんにお勧めしたいくらいだ。
私はテレビは20が15になり、今では13でよく聞こえる。
  
・・・耳の遠い学生時代の友に勧めたら、・・・

   「私はこれでいいのよ。全然こまらん、あんたはあんた、私はわたし・・」
       ・・・13才からのつきあいなので、言いたい放題・・・
   「あんたは良いけど私が困る」・・いくら言っても聞こえてるのか・・返事はない。

一人暮らしなので、きっとテレビは大きい音で聴いているのだろう。

  表に感情が出ないので、済ました顔してる。
    ・・・ 何とでもして、補聴器をつけて貰いたいが・・・。はて??




記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


兄弟とは?

2017/05/19 19:52
私には8人兄弟がいた。だんだん亡くなって今は4人だったけれど・・・
先日、すぐ上の兄が亡くなったと連絡があった。
日頃のつきあいが無いので、さて自宅は??・・・。
兄弟なのにつきあいが無いとは・・・。さてpcの出番だ・・・。えーと?  高速の出口は・・・

悲しむ余裕はなく、喪服の裾をあげるのに1日かかった次第。
息子が車でつれてってくれると言うので助かったが・・・。  
図面片手にやっと自宅を探し出した。

大勢のお参り客で二人の弟はすぐに解ったが、後は誰が誰やら・・・
兄嫁も客の応対に忙しく、わたしは弟の後ろをついてまわった。

棺の中の兄を見ていたら何故か涙がでてきた。
子供の時から7人の弟や妹の面倒を見てきたであろう兄、
彼方此方に奉公に行ってた事は聴いていたが、今では独立して会社の社長のようだ。
頑張ったね・・・そう思うと自然に妹になれた。、

聖福寺の4人の和尚の読経で式は滞りなくおわった。
「焼き場迄行かんでよかよ」弟が言うので誰にも挨拶しないまま息子の車に乗った。

兄弟は他人の始まり・・・まさしくそうだね・・・・親は無くても子は育つ・・・・・本当だな。
7人の兄弟達は学歴こそ無いが、それぞれに立派に独立している。

帰路の車の中で息子との会話が弾んだ。


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


補聴器専門店

2017/05/13 22:28
補聴器つけて1週間。「小倉補聴器店」より電話あり、
「貴方の補聴器が出来ましたので、2時から4時頃までお伺いします」
・・・・そういえば形をとっていたなあ、今つけているのは借り物なんだ・・・
 
きっかり2時に店長さんがいらした。それからまたまた2時間・・・調整する・・・
        初めての経験だったが、今度の件で色々と学ぶ事が多かっ。

1 補聴器を造るに当たって、耳が聞こえなくなってからはもう遅いと言うこと。
2 脳が世間の音を忘れてしまっているので、急に聞こえる音が雑音に聞こえて煩い。
3 脳が覚えて居る内につけると違和感がない。
4 惚け ないうちに早めがいい、
     耳を痛めるのではないか?等と思っていたが
      理解するのは脳であって、耳ではないし、鼓膜でもないこと。

   デンマークは福祉国家なので、耳に関しては、世界で一番らしい。
   日本もデンマークから輸入して、加工をしているのだとか・・・

  私は孫のおかげで、幸いしたわけだ・・・電池も6個入りを置いて帰られた。1個が2週間らしい。

補聴器専門店があるなど知らなかったし、電気屋さんかスーパーで売ってるのかと思ていたし、
耳は少しぐらい聞こえなくても・・・自分が我慢すればいい・・どうせ年取ったら聞こえなくなる・・・
 簡単に思っていたが・・・そうではない事に気付いた。

 デイでも仲良しの友が補聴器持ってるのに
   「つけてくるのを忘れた」、
   「いつもつけた方がいいですよ。ぼけますよ」
   「どうせ惚けてますので・・・」
   「貴女はいいけれど、私は大声で体を乗り出して、きついじゃないの」

・・・・・わらっていたけれど・・・今度お目にかかるときはつけてるかな??・・・
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


補聴器

2017/05/05 15:45
東京から孫が嫁と子供二人連れてやってきた。
1年振りの再会である。20日が予定日というのに(3人目)大きなお腹かかえて、又女の子らしい。
今度は新幹線で駅からレンタカーかりて、まるで、ひょっこり近所の方が来られた様な感じである。
 
 「おばあちゃん、(補聴器)買いにいこう。そのまま出られる?」
  あっけにとられた私
「車に子供が寝てるから・・前で待ってるよ」 慌てて上っ張りひっかけて、えーと・・・戸締まりは??・・・

 カーナビに頼りながら私の方が詳しい街を、ぐるぐる回りながら「耳」の専門店についた。
「こんな所にこんな店があったんだ・・・」 なんと、東京から、電話で予約していたらしい!!

私の耳は右がすこし遠いが、左がよく聴こえるので不自由はしていない。だがテレビの音が大きいと家族が言う・
大金かける程でも無いし、もう年なので我慢していた。
孫が察して手配してくれたようだ・・・・勿体ないと思ったが店にいってよかった。
デイには耳が遠い方が多いので、耳に関しては色々と経験為ているので、本当に好かったと思う。

         今は馴れるようにいつもしている。
     余計な音が邪魔だと聞いていたが、そうでもない事に気付いた。
 
店で思ったより時間をとったので、そのまま回転すしにいって、我が家にかえり私は子供と遊び孫は疲れているのか、気持ち良さそうに安楽椅子で仮眠中、。レンタカーを返す時間だと、その間3時間あまり・・・・
      
       玄関先で私への小遣いはわすれづに、、、慌ただしかったが嬉しい1日だった。 

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


冷えるということ・・・

2017/04/04 19:29
私は覚えて居る限り入浴しないで寝たことがない。
それが入院してからお風呂に入らずに床に入れる様になった。
人間とは不思議な動物だと・・すぐに環境になれるのである。

私だけがそうなのかもしれないが・・・・自分でそう思い人にも話していた。

昨日朝起きたら、歩けないのである。全く立てない。足に力が入らない・・・。
家に居てもそれは同じなので、足を引きずるようにして、デイには行った。

病院に行くように皆が心配してくれた。・・・
・・・先生だって私の言うこと聞いて判断するだけじゃないの・・・
私の主義である、・・いくら考えても何も特別変わった事が起こった覚えはない。

そうだ・・ここ2日お風呂に入ってない事に気がついた。昨日は寒かったよね・・
   体を温めてみよう・・・
   デイからかえって、早速足湯した。寝る前に
   いつものようにお風呂に入った。

朝、ちょっとよたよたしたが、昼頃には今まで通りになった。
   やっぱり冷えからだったのだ・・・
     土曜日はデイからお花見・・大丈夫参加出来そうだ・・・/strong>
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


カラオケ

2017/03/31 11:44
デイで私はカラオケの日にお世話になっている。
お若いのに戦時中の歌を唄うかたがいる。ご主人がお好きだったとか・・・
演歌専門の方がおられたり、新しい歌は知らない歌でも歌詞が素適なので。聴いていて涙がにじむこともある。

戦時中の歌は当時をおもいだし、聴きたくないうたもある。
アメリカに渡った友はどうしているだろうか、などなど・・・、元気かな?・・・・

若い頃の私は、曲一筋、どんな歌でも曲にあこがれて歌詞など見向きもしなkったが
、最近は歌詞が気になる様になった。あまり「演歌」は好きではなかったが、想像出来るようになった。

それは「 酒場 」と言う冠二郎が唄う歌を聴いてからである。

   ♫ 何処にもあるような酒場の片隅で・・・・
           
       3番まで聴いてドラマがおわる。解りやすい歌である。何度聞いても好い歌だ!!!

  デイのカラオケでだれか唄ってくれないかなあ・・ 難しいから・・と。誰ものってこない。

  さあ今度のカラオケでは私は何をうたおうかな?
       
    明日から4月だ。「贈る言葉」はもう卒業して・・・はて・・・?


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


デイサービス

2017/03/28 12:04
今の年寄りは幸せだ。
家庭の用事が無くなったら、又、幼稚園に入れて貰える・・・・

月曜日は習字。火曜日は陶芸。水曜日は映画。木曜日はカラオケ。金曜日は絵手紙。土曜日は映画。
これは一応のきまりだが、皆、将棋、麻雀と好きなことに時間をつかっている。

・・・今まで家事に追われて来た主婦・家族を養ってきた男性・
・・・何も考えないで楽しい時間を過ごさせてくれる・
・・・事故がないようにと至れり、つくせりの扱いだ・・。

幼稚園ではいくら大事にして貰っても「勿体ない、有り難う」とは言った覚えはないが・ここでは、
手をとって貰えば「ありがとう、」・・靴を履かせて貰っては「勿体ない」の言葉が普通に聞かれる。

それぞれの人生があるので、一概には言えないが、様々な光景が毎日繰り広げられる。
戦中戦後と、生き抜いて来た人たちだ・・。
・・満州から引き上げてきたと言う方もいたが、「この頃姿見ないなあ」・・と思ってら・・・・

一人二人と欠けて行くのは寂しいが、仕方が無い。
 ・・・・・・・・・・・・ある日のおばあさん達の会話・・・
 ;  
  ♫ 「私16満州娘、
       春よ3月雪解けに、インチュンホワが咲いたなら、
         お嫁に行きます隣村、
             王さん待ってて頂戴ね」  ♫

「こんな歌あったよね」・・・そういえば・・・「インチュンホワは迎春花に仮名がふってあったよ」・・・
「迎春花」って日本では何の花かしら??・・・

・・・・若いスタッフの出番である。・・・・・携帯なでていたが、「アッタ!!」・・・

     ・・・ゲイシュンカ・・・迎春花・・・黄梅・・・

・・・・・・「臘梅じゃないよね、黄梅ね 」 一件落着・・・・



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


富山の薬やさん

2017/03/19 11:52
>微熱が何処からか・・・自分で考えて、時期が来るのをまっていた。

きょうは久しぶりに「富山の薬や」さんが来た。。。   「いつもお留守で・・・・」
昔のおじさんは来なくなって、薬会社に引き継がれているようだ。
箱は空っぽだった。・・・・・・戦中戦後これだけで助かってきたのだ。・・・早速使ってみた。

・・一服で微熱がひいたよ^・・・
どうも扁桃腺から・・の様だ・・・
子供時代から通信簿に「両扁大」と書いてあったのを思い出した。
大人になってからは、熱が出る事は無かったので扁桃腺の事はすっかり忘れていた。

そういえばここの所、矢鱈にうがいをしていたと・・・・

・・・・「富山の薬屋さん」ありがとう・・・。
歩きが自転車になり自動車になって、富山からは来なくなったが、、、、おじさん元気かなあ・・・</strong>



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


入院すると、いうことは・・・・

2017/02/25 17:08
何もてにつかないよー・・・
もう3日もお風呂にはいってない、
夕べは、遅い夕食後、横になって(此がどうも悪い・・・)まだ8時と言うのにベッドへ・・・
目が覚めたらトイレ2時。又そのままベッドへ、次は6時、まだ早いと、ベッドへ・・・
うつらうつらしていたら、もう9時・・・・
今日はデイも。お休み・と思うと⑴日中こうしていたい。
「此ではいけない・・・」よっぽど言い聞かせないと・・・ずるずるな生活になってしまう・・・・
以前は昼寝する人に「習慣ですよ」など、偉そうなこと言ったことあったの思い出す・
パソコンが、目の前にあるのに開け様ともしない。何故だろう???

聞くところによると、入院1月で2倍から3倍。元に戻るにかかるという。。、
私は90過ぎて居るから3倍として、4月の始めにはもとにもどるかも・・・・。
焦らない!焦らない!自分に言い聞かせてみる。

  今日は何となくパソコンのまえに・・・  
   座っている自分に気付く・・・。
 そしてみると連日7度ある熱も、元の体に戻るための戦いなのか・・・・
 そして何となくきついのは熱の所為なのか・・・。
・・まあ!気長に養生するとしよう・・・

/strong>
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


入院とは

2017/02/08 12:20
久しぶりのデイ・・・。
皆さん快く迎えてくれた。可笑しいことに仲良しの友もあばら骨の骨折で入院中とのこと。
90才も過ぎると足下に気をつけなくては・・・。彼女はゲートボール中の出来事らしい。
入院中が他にも何人かいた。1日も早い退院を願いながらこれを書いている。

約35日ベッド中心の病院生活は、いくら「立派な足・・?」でも思うように動かない。
今日こそは散歩しょうと何度も思いつつ・・怠けている。パソコンも昔のように楽しくない・・・
なぜだろう??!!
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


入院とは2

2017/02/05 11:36
  約、5週間の入院でいろいろの事を学んだ。
・・「看護される人」「看護する人」・・  まじかに見てつくづく感じた。

 隣のベッドのおばあさん一人息子がかわいくて・・・毎日カード片手に公衆電話の前に・・・
息子は50才過ぎても、いまだに結婚もできないで振り回されているようだ。
「まあ、息子ったらね、今仕事中だ、とか言って・・・お宅はお嬢さんでいいわねえ・・」
と私に・・・。

お陰で私は何も言わなくても長女と長男が1日毎にきてくれる。
ありがたい事だ・・・

向こうのベッドでは、夫の残した莫大な遺産で・・・
親戚縁者たくさんの見舞客で賑やかだ・・・。お金の話ばかり・・

客が帰ると、内訳を話にやってくる。・・・・よその事で半分も判らないが一生懸命話すので適当に
アドバイスした。
「亡きご主人の名前で、孤児院でも作っておけば、先祖が残した財産が生きるのじゃないの」
・・・・どうなったかな・・・

 ・・・・誰もみな何かを抱えている。・・・・

わたしも立場を真剣に考えなくては・・・・


 

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


入院とは

2017/02/05 10:51
色々あった。一度に沢山の経験をした。

その1・・・オムツをした。(赤ちゃんにかえった。と言うことは1才からの出直しとゆう事か??・・・

その2・・・寝たままで、風呂に入った。(泡ぶくぶくで、5分間、もの凄く気持よかった)

その3・・・窓からの眺め(部屋がビル9階だったので、眼下には紫川を挟んで、ビル街、遙か左手には住金の高い煙突から煙がもくもくと上っているし、右下にはtotoからの煙、・・・煙突の煙は活気があって、私は好きだ・・・

大空には、白い雲、毎日色々な姿を見せてくれる。朝焼け・・夕焼け・・の綺麗な事、素晴らしい!!!・・・・
これだけでも、けがの痛さは吹っ飛んでしまう位だ・・・

看護師さん達は皆明るくて楽しい方ばかり、大きい病院だから、その道その道で人が代わる。
あまりに大勢なので名前はおぼえられないが、退院の前日のリハビリセンターの先生の言葉・・・
  [こんな立派な足をして、押し車を使うなんて勿体ない]・・・
退院したら手押し車を止めよう・・・それには先ず杖からだ・・・1から出直し・・・



.


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


首の痛み

2017/01/31 14:29

今日はデイの日。首が痛くてとてもいけそうにない。
動かして痛いのなら我慢できるが、ジンジンとうづきっぱなしだ。どうも我慢出来ないでデイを休んだ。
息子に電話して近所の整形に行った。本音は救急車で行って入院したいくらいだったが・・・・。

痛み止め戴き、首の輪っかをしたらどうにかいけそうだ・・・
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


懐かしい人

2016/12/19 18:35

20年振りのの知人が尋ねて来た。
懐かしさのあまり、自分のこと許りしゃべった様な気がする。
相変わらず。お行儀の良い青年?じゃなかった男性と言うのかな??
あまり年をとったと言う感じじゃなかったので、まるで自分の息子と久しぶりにに会ったような感じで
あった。嬉しかった。まだまだ沢山話したかった。

私が元気でいるか見に来たというのである。ほかに沢山の用事を抱えての
仕事なのに私は自分の事ばかりで・・・。相手の大切な時間をつぶした様なものだ・・。
体はゆっくりだが「口」だけ達者で困りものだ・・・。。
これからは少し口を慎まねば・・・。
反省すること、しきりである。

こんな時「孔子さま」は何と仰るか???

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


お餅つき

2016/12/09 16:53
年の瀬には少し早いが尻餅ついた。
要心して居るつもりが、あっという間だった。

体が音をたてて前向きに半分に折れたようだった。不思議にお尻は何ともなかった。
それからが大変だ。息をするのに一苦労・・・・咳が辛い。死ぬかと思うほど・・・

デイの先生に整形に行って下さいと言われ近所の病院に行ったが、11時30分だった。
受付時間を過ぎているから、昼から2時にくるように言われ「た。
   
  「待合室でこのまま待ってていいですか?」
     「玄関閉めますので一応お家に帰って下さい」
           ・・・・・帰ったらもう来ないよと思いながら・・・帰路へ
   ・・・と言うことは??・・・・・ほっといたらその内治るよと言うこと・・・きっとそうだと自分で決めて、、、

   自己治癒力も90才になると、辛抱も半年くらいかな?、、
     主治医によく言われる「自分で判断しないで下さい・・」
       でも・・先生だって私の言うこと聞いて判断するのでしょ・・・(これ内緒)・・・

  あれから3度目の金曜日お風呂で温めながら暇な時は、ベッドへ・・・・
  人間とはよく眠れるもんだ夕方7じから朝7時までぐっすり、1度も起きない・  ・
 今日はだいぶん楽になった。ベッドの寝返りはきついけれど・・・咳は楽になった。もう一息だ。



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


語源

2016/12/07 18:14
(疲労困憊)の憊の読みが気になり、ネットで調べてみた。
 日本語は奥が深い。思ったような返事は無い。
  
  だが、何故(パイ)なのか?
          (ビ)ではいけないのか?

 昔の辞典を調べてみようか?
     久しぶりに仕事が入った。楽しみだ・・・・
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


むべ

2016/11/06 15:28
「宜なるかな」
 「本当だ」 とか 「もっともだ」等に使う。
ネットで調べたら 「天智天皇」のお言葉らしい・・・
  「宜山風を嵐と言うらん」と言う歌もある。

最近その、むべとあけびなる木の実を、デイサービスの仲間から戴いた。
初めて見た木の実、私があまりに騒ぐので、その方は色々配慮して下さり、
食べられる状態も見せて下さった。

勿論その場で食べたのは、言うまっでもない。
中には 「蛙の卵みたい。気持ち悪い」 と、食べなかった人もいる。

あけびはほんのり甘くておいしい。
むべはそれより甘さが強くて、コクが在り、あけびより少し上等に感じた。

・・・聞くところによると 「むべ」 は、不老長寿の薬とか・・・
 何時までも生きで、まだまだ今まで、経験為たことがないものに出会って見たい・・・。

殻が固いので一寸いたずらしてみた。目玉はポプラの木の実です。

画像




画像
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


老いては子に従へ

2016/10/25 21:05
仕事が無い程つまらない事は無い。
最近の私がそうである。 「 上げ膳、据え膳 」 状態である。
有り難いと思わなければ罰が当たる、とおもうが・・・

最近暇になった娘が何もかも家事一切をやってくれる。
手を出すと叱られる。言い返すと喧嘩になる。

一番こまるのは片づけて呉れること。何もかも捨てろと言う。
 冗談じゃないよ と言いたい。

私は本が大好きだが、「読みたければ図書館へ行けば良い」
私は自分で持っていて、何時でも何処でも読みたいのである。
 「本より安いものはない・・」と・・・どうしても手許に欲しいのである。
困った性格だ・・解っているけど止められない・・・

我が家には父親が残した古書がすこしある。
タガヤサンの本箱にいっぱいだ。私には父親の思い出とともに此まで大事に保管してきた。
本箱の横に焼夷弾が落ちたが、かろうじて焼けずにすんだ本達だ。
「史記一八巻、日本外史、その他・・・」
まさかそこまでとは思うが・・・そんな馬鹿とはおもいたくないが・・・

デイでの話・・・大事なもの娘が捨ててしまったのよ・・・あれがあったら・・・
          年寄りはみんな言ってる。

老々介護の時代・・どうなることやら・・・





記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


続きを見る

トップへ

月別リンク

楽亦在其中2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる